大特価レッドウイング ブーツ、レッドウィング 財布人気通販サイト

このテレビCMは、NikeとAppleがコラボレートして開発した「NikeiPod レッドウィング ポストマン Sport Kit」を宣伝するもの。さすがに、米国の権威あるビジネス雑誌『BisinessWeek』が発表した2006年の「世界のブランド トップ100」で31位と39位になったNikeとAppleが組んだ企画というだけあり、そのプロモーションはとてもハイセンスでスマートな印象だところで、なぜいきなりこのような話をしたかというと、企業のWeb戦略のあり方として、NikeのWeb戦略にはおそらく多くのマーケターの参考になるものがあると考えたからだ。そこで今回から数回に分け、Nikeの革新的な取り組みについて、いくつかの事例を紹介したいまず、さきほど取りあげた「NikeiPod 激安レッドウイング Sport Kit」だが、この商品は物を売ればそれで終わりという単純なマーケティングではない。ここにも顧客のブランド?ロイヤルティを高めるために、NikeならではのWebを活用した戦略が隠されている。Nikeでは「NikeiPod Sport Kit」の購入者向けに「Nike(ナイキプラス)」というサイトを用意し、ユーザーがiPod nanoに蓄積したランニングのデータをパソコン経由でアップロードし、管理できるようにしている読者の方もおそらく買ったのに使わない商品というのをいくつかお持ちのことだろう。そうなると、消費者の商品に対する評価はどうなるのか。おそらく、必要ない商品を買った自分に責任があるにも関わらず、商品に対して「買ったけどあまり使えない商品」というレッテルを貼り付けてはいないだろうかつまり、「NikeiPod Sport Kit」の専用サイト「Nike(ナイキプラス)」は、この「買ったけどあまり使えない商品」というレッテルを貼られないための仕掛けになっているわけだ。走行距離や速度、カロリー消費量、目標距離の達成状況などをWebでグラフィカルに表示し、仲間同士で走行距離などを競い合い、ユーザーのランニングデータをランキング形式で見せてくれる。 レッドウィング ベックマン

それによって、ランニングという単調な日課を飽きずに楽しみながら継続できる。だからこそ商品を長く愛用してもらえ、企業や商品ブランドへのロイヤルティも高まるというわけだこの他にも「Nike(ナイキプラス)」のコンテンツを見ていただくとわかるが、ブログでの情報提供や有名人の商品活用レポート、SNSの「mixi」内にコミュニティを開設し、ユーザー間の交流をうながすなど、多彩なコンテンツにあふれているとかくWebを活用したマーケティング活動というと、新規顧客開拓のためという発想を抱きがちだが、このようにWebの特性を活かした既存顧客へのOne レッドウイング ベックマン to レッドウィング ブーツ Oneマーケティングを実施することで、企業と顧客の関係を維持し、強化するための働きかけをすることもできるすでに継続利用を前提とした転職情報サイトやECサイトでは、以前から会員登録したユーザーがログインして使えるマイページを準備している。だが、おそらくNikeのようにメーカー企業が顧客との継続的な関係づくりのためにWebを活用しているケースはまださほど多くはないはずだでは、こうした取り組みはSEMの視点から見るとどうだろうか今回のケースではSEOの取り組みがいまひとつの印象を受けるが、こうした既存顧客へのコンテンツ作成という取り組みはとても意義あることだと思う。例えば商品名で検索をかけた際に、検索結果の1ページ目に新規顧客を対象とした商品紹介ページだけでなく、既存顧客向けの商品利用ページが表示されれば、それはメーカー企業にとっても消費者にとっても喜ばしいことだろうなぜなら、メーカー企業にとっては検索結果1ページ目の占有率を高め、自社公式サイトへの入り口を数多くもてることになる。一方、ユーザーにとっても、商品名で検索しただけで、商品情報やアフターサービス、販売サイトなど、自分の目的にあったコンテンツへの入り口が開いていれば、検索結果への満足度も高まる。商品名で検索するユーザーというのは、「商品を買いたい」という層だけでなく、「商品購入の検討材料として商品の詳しい情報が知りたい」、「商品は買ったが、使い方がわからない」など、多様な層が存在していると考えられるからだメーカー企業とユーザーの長期的、かつ良好な関係づくりを維持するため、Webを有効活用するマーケティング手法はまだそれほど多く確立されていないが、これからは今回紹介した事例をヒントに少し考えてみるのもいいのではないかと思う。 レッドウィング 財布

90年代初頭にスポーツショップのバイヤーやシリアスランナーが頻繁に発していたこの言葉が示すように、ひと昔前のランニングシューズの売れ筋はかなり偏っていた。それは現在ほど走る人が多くなく、平均すると走力レベルも高かったことなどが大きな理由だ当時の売れ筋ランニングシューズは軽量でミッドソールの薄いタイプが主流で、アッパーのカラーリングはホワイトにレッドやネイビーブルー、ロイヤルブルーのアクセントカラーを組み合わせるのがほとんど。これ以外の配色は受け入れられないといった印象さえ感じられた。スプルース(グリーン系)、マゼンタ(ピンク系)、ぺリウィンクル(ブルー系)、チャートリュース(グリーン系)のような欧米を起源とするカラーリングは、エアロビクスやフィットネスといったカテゴリーでは受け入れられたものの、ランニングカテゴリーでは定着せず、ナイキ、アディダス、リーボックといった海外ブランドは、日本向けにカラーコンビネーションをアレンジした「スペシャルメイクアップモデル」をリリースすることも珍しくなかったこうした日本人ランナーの道具に対する一種独特なこだわりはシューズに対してだけでなく、気に入ったソックスがあれば買いだめし、シューズとソックスの微妙なフィッティングをキープすることに努めたりするような行動も珍しくなかった。さらに縫製部分が肌に擦れないように処理してなかったらダメ!とアパレルのディテールに対するこだわりも強く、どちらかいうとデザイン重視だった海外ブランドのランニングアパレルを頑なに拒否するランニングプロショップのバイヤーも珍しくなかったしかし、あれから20年ほど経過。ランニングは一過性のブームを超越し、現在ではライフスタイルの一部として根付いている。特にランニング人口が飛躍的に増加したここ2、3年で、日本においてもカラフルなランニングシューズが増え、良好なセールスを記録。カラフルなシューズのシェアが高まっている連載:山谷剛史の中国トレンド通信中国スマートフォン市場、ユーザー獲得キャンペーンの行方。 レッドウィング

「ランニングに真剣に取り組んでいる人はアシックスのシューズを履いている」と、米市場調査会社NPDグループ(本社:ニューヨーク州ポートワシントン)のアナリスト、マーシャル?コーエン氏は言うランナーのレベル別に高度な設計が施されているアシックス製シューズは、ほかのブランドよりも人気が高く、オリンピック選手にも愛用されている。イタリアのマラソン選手ステファノ?バルディニや、スウェーデンの走り高跳びの選手ステファン?ホルム、それに多くのアマチュア選手がアシックスを選んでいる2006年と2007年にアシックスが実施した調査によると、ニューヨークシティマラソンで完走した参加ランナーの半数以上が、アシックスのシューズを履いていたというランニング人口の増加とブランドの人気もあり、アシックスの売り上げはこの5年間で50増加、営業利益は倍増した。だがアシックスは2月8日の決算報告で、為替差損と広告支出の増大が原因して、第3四半期の収益が予想を下回り、通年の利益の見通しを下方修正すると発表したこのことが投資家の怒りを買い、アシックスの株価は1日で最大の下げ幅となる15の暴落、評価額では3億7400万ドル以上下落し、その数日後、わずかに持ち直した。当初は1億4000万ドルの増益という予想だったが、現時点では純利益は5増の1億3500万ドル、今年度(3月終了)の売り上げは2ケタの増加を見込んでいる尾山基氏(57歳)にとっては何とも間が悪かった。業績見通しを下方修正したその日に、新社長に指名されたのである(就任は4月)その1週間後、2月17日の「東京マラソン2008」に先立って「東京マラソンEXPO2008」が開催された。アシックスの出展ブースに現れた尾山氏は、いつも通り白髪をきちんと整え、株価暴落による動揺を全く表に出さなかった。スタッフや来場者に交じり、終始リラックスした様子を見せた会場でマラソン用品に囲まれながらも、尾山氏はランニングとは別のことを考えていた。健康志向によるランニング人口の増加で、確かに、アシックスは利益を手にしている。しかも、ランニングシューズは、普通のスニーカーより高めの価格設定になっている。だが同氏が目指すのは、ランニング用品ブランドからの脱却であるナイキ、アディダス、英リーボック?インターナショナル、プーマがいい手本だ。Tシャツやバッグ、ウォームアップスーツ、帽子は、ブランド認知を高めるのにもってこいの商品である。だがその前に、まず取り組みたいことがあるという。“ブランドイメージの一新”だ。「アシックスにはかっこよさがない。お洒落ではないのだ。そこを何とかしていかなければならない」と語るアシックスは既にランニング用品以外にも事業を広げている。スノーボード、レスリング、バレーボール、バスケットボールなど、様々なスポーツの選手のウエアにアシックスのロゴ(シューズ側面のストライプデザイン)が見られる。このロゴは、「オニツカタイガー」ブランドのレトロな雰囲気のカジュアルウエアやシューズにもついている。とはいえ、アシックスの海外での売り上げのほとんどは、ランニングシューズによるものだここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。登録(無料)やログインの方法は次ページをご覧ください。 レッドウイング